4月
25

飲食店経営で出店前に気おつけておきたいみっつのポイント

Written by admin posted on 4月 25, 2015 in 未分類

テナント物件の立地条件

まずなによりも飲食店経営で大事なことは、その出店の場所です。おそらく賃貸でテナント物件を借りると思いますが、本当に自分の業種にその物件の立地があっているのか、慎重に検討しなければなりません。現在は、居抜き物件が流行していますが、居抜き物件は一度閉店したことのある店ですので、その場所が良いのか悪いのか、自分自身の目でしっかりと判断しなければなりません。単純に出店経費を下げることだけを考えていては、出店後の飲食店経営はすぐに成り立たなくなるでしょう。

一体何で勝負するのか

飲食店と一言で表現しても、その種類は多岐にわたりますし、また、そのお店の数は星の数ほどあります。そんな激戦区に出店していくわけですから、強力な武器でもなければ、すぐに経営が行き詰ってしまうでしょう。例えば食べ物系の飲食店であれば、競合するお店は本当に沢山あると思いますが、実際に自分の店で出す料理は、他の店と何が違い、どういうポイントが勝負のポイントなのか、それは味なのか、サービスなのか、すくなくとも勝負のポイントを明確にしておくとよいでしょう。

欠かせない従業員教育

一人で切り盛りするお店は不要ですが、圧倒的多くのお店では、アルバイトなどを雇って営業すると思います。飲食店において、アルバイト従業員は、お客様との接客の最前線ですので、お店の「顔」と考えても差し支えないかもしれません。繁盛店の従業員は、間違いなく愛想がよく元気なものです。これは、従業員の教育が行き届いており、何より、働く従業員のモチベーションが非常に高い状態だといえます。飲食店経営においては、従業員のやる気を引き出すことが成功の鍵だと言えるかもしれません。

飲食店の譲渡は簡単です。飲食店には経営をする権利がありますが、その名義を変更するだけで譲渡をする事が出来ます。書類上の手続きだけで譲渡が可能ですので、すぐに飲食店を他人に譲渡する事が出来るようになっています。